群馬県立女子大学同窓会

群馬県立女子大学 同窓会





Guest Book
BBS










ご挨拶

同窓会の皆様におかれましては、日頃より当同窓会に対し、
暖かいご支援とご理解をいただき、誠にありがたくお礼申し上げます。

私どもの同窓会の活動は、今年で十年目を迎えます。
同窓会の名称「紫桜会」も、皆さまの目に耳に馴染んできたことと存じます。

我が母校も、昭和59年3月に第一期生が卒業し、
平成11年にこの会が発足して以来、約4000名の会員を迎えることができました。

また、平成17年4月には国際コミュニケーション学部の創設、
平成18年には新館建設など、益々発展していく姿は卒業生として、
喜ばしい限りであります。

本会は会員相互の親睦を図り、母校の発展に
協力することを目的として設立しました。
会員相互の親睦として、7回の懇親会を開催し、
母校の発展への協力として、在校生の活躍に対して「紫桜賞」の授与、
そして平成19年には新たに在校生の活動の支援として
「群馬県立女子大学学生活動支援金」を設けて参りました。

本会の活動情報をお知らせするホームページが、
会員の皆様にご活用いただくことで、同窓意識を高め、
大学のそして在校生たちの取り組みに
深い理解をいただけることを期待しております。

今後も、同窓会活動を充実するための工夫を
重ねて参りたいと考えておりますので、
お気づきの点は、どうぞご遠慮なく
ご意見をお寄せいただけますようお願いいたします。

最後に、会員の皆様のご健康と
ご多幸を祈念して、ごあいさつといたします。

                          
群馬県立女子大学同窓会
会長 野村 留美子